全米ヨガアライアンスについての詳細を記載しています

当サイトでは、ヨガの世界で生きていくには効果的な全米ヨガアライアンスについて説明します。
この資格を取得することで世界で通用する能力を得ていると判断されます。
種類が複数あり、本人の意志で決めることができますが、RYTとRYSの違いなども細かくチェックしてみることも肝心です。
見事に取得できた後には大舞台で活躍することができる他に、個人経営でも信頼されるインストラクターになれることが最大のメリットと考えることができます。

徹底調査!全米ヨガアライアンス認定資格ってどんな資格?

徹底調査!全米ヨガアライアンス認定資格ってどんな資格? 全米ヨガアライアンスという団体があり、この団体が発行している資格を有することがヨガの世界では人気があります。
大きな2つの団体が1つにまとまり開始されたもので、今では世界70か国以上に公認のインストラクターが活躍しています。
国内でも認定者が在籍するスクールなどが運営されており、資格取得を目指している方は海外に出掛けなくても取得可能です。
ヨガアライアンスの種類は200時間の受講が必要なRYT200と500時間が必要なRYT500があり、RYSと混同されがちですが、RYSとは認定校を指しているのでそれぞれ対応したカリキュラムを有する受講を受けることができるという仕組みです。
全米ヨガアライアンスの資格を取得すると認定書が発行されるので、自分のスタジオなどに掲げておくことにより、普通のヨガ講師よりも高い水準で世界レベルの技量を持っていると判断されます。
結果的に信用度に直結をしているものです。

全米ヨガアライアンスが認定するヨガインストラクターの資格

全米ヨガアライアンスが認定するヨガインストラクターの資格 日本において、ヨガインストラクターになるための公的な資格は、現在のところありません。
資格がなくてもヨガ教室で教えることはできます。
しかし、民間資格がある方が有利ですし、安心感にもつながります。
最も有名な資格は、「全米ヨガアライアンス」です。
アメリカのヨガ協会が認定する資格で、国内のヨガインストラクターのほとんどが、この資格を持っています。
日本を含む世界160の国で、4300以上の登録スクールがあります。
200時間かけて学ぶRYT200、500時間かけて資格を取得するRYT500、マタニティヨガであるRPYT、キッズヨガであるRCYTという4つの資格を取ることができます。
他にも、「インド政府認定プロフェッショナルヨガ検定」があります。
知識の深さや難易度によって、レベル1からレベル4に分類されています。
インド政府公認の資格ですが、発足してまだ4年であるため、「全米ヨガアライアンス」の方が知名度が上であるといえます。

ヨガインストラクターになるためのおすすめリンク

ヨガインストラクター養成校で資格を取得してヨガ講師になろう!